大阪のとある会社からの変わった配管を作りました。

忙しくて久しぶりのブログ更新です。

今回は変わった配管を製作したので紹介したいと思います。

まず下記の写真が今回使う材料です。

SUS304の20B配管が2本と10Bの配管が2本と2mmの曲げ板とアングルを高周波で曲げたフランジと10B使う6tの板です。

材料費だけでかなりの額になっています。

こんな変わった仕事をうちみたいな弱小会社にまわして頂いてる担当さんには感謝です。

ありがとうございます。

では次は製作していく写真です。

20Bの配管から作ります。

直径は508mmです。

アングルのフランジが入りやすいように入口を小さくグラインダーで研削していきます。

開先をとる風景です。

次にフランジを入れて位置を決めたらTIGで仮止めです。

仮止めが終わればあとは図面をもう一度確認します。

寸法確認、材料を間違えていないか、フランジの穴向きは合っているかなどを確認したら本溶接です。

以上で20Bの配管は完了です。

次が今回のメインの配管です。

10Bの配管に窓を9カ所開けないといけないので配管にケガキをいれました。

丸の物に四角の物をケガクのは計算がなかなか面倒くさいのですが公式さえわかればあとは電卓が計算してくれます。

次に窓をプラズマ切断機で切っていきます。

僕が今回切断しました。

フリーハンドで切断したのにかなり綺麗に切れました。

1年ぶりに使ったのに腕はあまりなまっていませんでした。

自信につながりました。

次は形にしていきます。

仮止めをしていき組終われば確認作業して本溶接です。

完成したのが下記の写真です。

なかなか楽しい製作でした。

2人で1日で完成しました。

このブログを見てもし製作を依頼したいなと思って頂ければ気軽にお電話やメールでも構いませんのでよろしくお願い致します。

お見積りだけでもうれしいです。

 

大阪の堺で工場があります。

配管・ダクト・架台など作れるものはなんでもしたいと思っておりますので気軽にお問い合わせください。

 

今回は以上です。

ブログを見て頂いてありがとうございます。

当社の業務内容はこちらよりどうぞ

ご依頼は「製作だけ」「施工だけ」でも、喜んで承っております。
さらに、図面をいただけましたら何でも製作することができますので、お気軽にお問い合わせください。


一覧ページに戻る